WINMAX CAD/CAMチュートリアル

第1章 ファイル
[ファイル (F)]メニューでは、図面データの保存・既存データファイルの呼び出しと
それらの設定、またプロッター出力や印刷などを行います。

第2章 編集
[編集(E)] メニューは、生成・削除・編集された図形要素を以前の状態に復
元する処理と、復元する前の状態に戻す処理を行なうものと、図形やグループ
を選択するためのコマンドがあるメニューです。

第3章 図形
[図形(G)] メニューには、図形入力ウィンドウ内に直線や円・円弧を生成するコマン
ドが配置されています。

第4章 寸法線
[寸法線(D)] メニューは、図形入力ウィンドウ内に作成されている図形に対して、水平/垂直・平行/斜め・半径/直径・角度・面取り・弧長/弦・座標・注記などの寸法を作成します。水平/垂直・角度寸法は累進寸法及び相対寸法が作成できます。最後にその寸法線の各設定を行なうパラメータコマンドがあります。
使用頻度が高いと思われるコマンドについてはアイコンが割り付けられています。

第5章 図形編集
[ 編集(E) ] メニューは、図形入力ウィンドウ内に作成されている図形・寸法線・文字に対して、削除・伸長・短縮・変形・追記・拡大・縮小・平行移動・回転移動などの処理を行うためのメニューです。

第6章 表示
[表示( V)]メニューでは、アプリケーションウィンドウ全体の表示と図形入力ウィンドウ内の表示に関連するコマンドの動作設定を行ないます。

第7章 補助
[補助(A)] メニューは、コマンド操作に関する設定や図形の持つ数値情報を活用・最適化するためのコマンドが含まれます。

第8章 ウィンドウ
[ウィンドウ (W)]メニューは、新しいウィンドウを開いたり、マウス座標ボックスなどの ON/OFF、ウィンドウ・図面の切り替え等を行ないます。

第9章 CAM
[ CAM(C)]メニューでは、マシニング、ワイヤーカット、旋盤といった CAMアプリケーションへの切り替えを行います。何れかの C A M へ切り替えると、メニューバーに表示されるコマンドも各アプリケーションに対応したものに置き換わります。
このメニューに表示される CAM種類は、インストールされているものだけで、いずれの CAMもインストールされていない場合には [CAM(C)] メニュー自体が表示されません。
各CAMアプリケーションは [NCポストの選択] から始まります。詳しくは、各CAMアプリケーションの取扱説明書 [CAM編] を参照して下さい。

第10章 ヘルプ
WinMAX , PM CAD/CAM についての情報を表示します。

DOWNLOAD

Hidden content: ******, you can view after buying!

Price:  CADCoin

You need first!

If you have any questions, please feel free to EMail me: admin@cadfamily.com

You Might Also Like
Leave a Reply