SolidMill MAPLE-3AX 2D CAD機能操作説明書&コマンドリファレンスマニュアル

第1章 基本操作

CAD画面の画面構成
線や円などの要素を作図、編集する画面をCAD画面といいます。
CAD画面には、CAD要素の作図・編集作業をする作図エリア、コマンド選択
用のメニュー、および機能呼出し用のアイコンが配置されています。CAD画面
の画面構成を図1-3に示します。

第2章 CAD基本機能

① 作図エリア
CAD図面の表示、入力、編集作業を行う領域です。
ウィンドウはメモリーの許す限り開くことができます。
② ウィンドウ枠
アクティブなウィンドウのウィンドウ枠はハイライトされます。
表示の色はWindowsの画面設定によります。
③ 図面枠
白い枠線で表示されます(ウィンドウ表示範囲より小さい場合)。
図面枠は作図可能な範囲を示しており、「2.5 図面サイズの設定」
(40ページ)で定義します。
④ メニューバー
ファイルのオープン、保存、表示色、マスク、システム設定などを行い
ます。
⑤ CAD/CAMアイコン
CAD画面とCAM画面を切り替えるアイコンです。
⑥ 機能メニュー
コマンドを選択するための第1レベルのメニューです。
選択された項目はボタンが押されたように表示されます。
⑦ コマンドメニュー
機能メニューの選択にしたがって表示される第2レベルのメニューです
選択された項目はボタンが押されたように表示されます。
⑧ サブメニュー
コマンドメニューの選択にしたがって表示される第3レベルのメニュー
です
選択された項目はボタンが押されたように表示されます。
⑨ ツールバー
種々のアイコンが表示されます。詳細は2.1.2節を参照してください。
⑩ 数値入力欄
キーボードから数値を入力するとき、入力キーがエコー表示されます。
⑪ メッセージ表示欄
コマンド実行中に操作手順や処理状況などシステムからのメッセージが
表示されます。
⑫ 検出点表示欄
点検出を行ったときに検出された点の種類と座標値が表示されます。
⑬ 規定値ボタン
数値入力時に()で規定値が表示された場合このボタンを選択するとそ
の数値が入力されます。

第3章 CAD図面入出力
■ 図面呼出の操作
① メニューバーから、図面呼出コマンドを選択します。
「ファイル」-「CADデータを開く」
メインツールバーの を選択しても同じです。
② 図面呼出のダイアログボックスが表示されます。
③ 呼び出したいファイル名をキー入力するか、リストボックスからファイル名を選択してください。拡張子を省略したときは、.PAR が指定されたものとします。
④ 指定したファイルが存在すれば、それが本システムで作成したパートファイルであるかどうかチェックし、正しいファイルならば、まず、その図面属性情報を読み出して表示します。
すでに図面が開いている場合は新しいウィンドウを開いて図面を読み込みます。

第4章 印刷
印刷プレビュー
① メニューバーで印刷プレビューを選択します。「ファイル」-「印刷プレビュー」
② 印刷プレビューの設定ダイアログボックスが表示されます。印刷の範囲、拡大縮小の設定をします。余白の調節をする場合は「印刷マージン」を選択します。

第5章 システム設定
① メインメニューから、「システム設定」を選びます。「設定」-「システム設定」
② システム設定ダイアログボックスが表示されます。

③ システム設定ダイアログボックスで設定する項目のタブを選択し、設定を行ってください。各項目毎の設定は次のページ以降で説明します。
④ 全ての設定が終了したならば、「OK」を選択してください。

DOWNLOAD

Hidden content: ******, you can view after buying!

Price:  CADCoin

You need first!

If you have any questions, please feel free to EMail me: admin@cadfamily.com

You Might Also Like
Leave a Reply