HandyCAD Mark II WIRE ワイヤーアプリケーションマニュアル

加工定義から NC 生成までの基本的な操作として、定義、確認、修正を実現し、UNDO/REDO 機能にも対応しているので、ビギナーでも
使用できるスマートな仕様になっています。
プロセスツリーから工程・定義の確認・編集が可能
各定義においてカットパターンを登録し、次回入力時に選択が可能
NC 生成時に機械種別を選択して目的のデータを作成することができます。

第 1 章 概要
1.コマンド一覧
2.操作概要<NC 生成までの流れ>
3.経路のNC生成順序
4.プロセスツリー
5.ファイル構成
第 2 章 操作説明
1 ワイヤー設定
1.環境設定<動作環境を設定します>
1-1.フォルダ<各データの登録場所を設定します>
1-2.設定<機械を選択します>
1-3.定義オプション<定義パラメータの単位を選択します>
1-4.カラー<各定義の表示カラーを選択します>
2.機械設定<機械の設定を行います>
2-1.プログラム<NC データに関する設定を行います>
2-1.プログラム-詳細<NC データに関する設定を行います>
2-1.プログラム-制限<NC データに関する設定を行います>
2-2.コード一覧-G コード<G コードの設定を行います>
2-2.コード一覧-M コード<M コードの設定を行います>
2-2.コード一覧-アドレス文字<アドレス文字の設定を行います>
2-3.カット条件<カット条件の設定を行います>
2-4.文字置換<文字置換の設定を行います>
2-5.スクリプト<NC データに関する設定を行います>
2-5.スクリプト-変数一覧<NC データに関する設定を行います>
5.加工設定<図面毎の設定を行います>
5-1.全般<加工設定を行います>
5-2.ワーク座標<ワーク座標の設定を行います>
5-3.メモ<コメントの設定を行います>
2 ワイヤー定義
1.準備<加工定義までの準備を行います>
2.ダイ加工<サンプル図をダイ加工します>
3.コアレス-<サンプル図をコアレス加工します>
4.パンチ加工<サンプル図をパンチ加工します>
5.トレース<加工順序を確認します>
6.NC 生成<NC データを生成します>
7.上下形状指定<サンプル図をパンチ加工で上下形状指定を行います>

DOWNLOAD

Hidden content: ******, you can view after buying!

Price:  CADCoin

You need first!

If you have any questions, please feel free to EMail me: admin@cadfamily.com

You Might Also Like
Leave a Reply